スポンサーサイト

  • 2014.11.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    SASとANAで行く北欧オーロラ紀行第四話・OSL〜TOS

    • 2012.04.20 Friday
    • 00:40

    いやはや、勝手にニュース速報の乱発、失礼しました。お蔭で多くの方々にアクセスとコメントを頂けたのがありがたいです。さぁもっと上位を目指しますぞ! 小生は、普段めったに見ないのですが、さっきまでカエルの女王というドラマを見入ってしまい、久々にハマりそうなドラマを見つけた次第です。では第11便目のSASとANAで行く北欧オーロラ紀行第四話・OSL〜TOSをどうぞ!


    ●搭乗日/【2日目】2011年3月31日(木)
    ●便名/SAS4434便
    ●定刻/オスロ19:55発⇒トロムソ21:40着
    ●スポットアウト18:38・離陸/19:03
    ●着陸/20:35・スポットイン20:38
    ●飛行時間/1時間32分
    ●機種・レジナンバー/B737-800WL/LN-RRE 
    *スポットアウトからスポットインまでグリニッジ標準時で表示。


    SAS462便で到着後、エスカレーターで降りて、ターンテーブルで自分の荷物を引き上げる。 さすが赤みがかったオレンジのプライオリティタグが付いていると出てくるのが早くて助かる。Cクラスの恩恵はここにもあるなと思う。 実はこのオスロの空港では到着後にも免税店があるのだが、特にめぼしい物もないし これから向かうトロムソには最北の醸造所マックビールがあるから買うのはやめといた。

    なお、この乗り継ぎの際に荷物のタグは絶対外さないように! 乗り継ぎ便が表記されているから外すヒトは居ないと思うけど、 引き続きこのタグは使用するのでご注意下さい。

    荷物を持って上へあがると国内線の荷物預かりカウンターを見つけ、パスポートと搭乗券、預け荷物を出す。 そういえば前回約6年前に初めてこのオスロへ降りた時、荷物のピックアップを忘れて、取りに戻ったのを思い出すなぁ(笑) あれは恥ずかしかった。。あっけなく手続きも終了し、あとは空港内をウロウロとする。



    木を多用した北欧らしいデザインが泣かせる。子供が退屈しないように、空港らしく飛行機の遊具が置いてあるのもいい感じ。この飛行機の遊具はドイツ製らしく、3月20日にLCCにしては珍しくワンワールドグループ加盟を果たした、エアベルリン塗装仕様を本で見たことがある。


    金属探知機のエリアが混んでいるので、早めに済ませることにした。約15分ほど並び、前列の人間がベルトも外してたので、オイラも真似してベルトを外す。それでもブーブーゲート(ウルトラクイズ世代ならわかるはず? 懐かしい! )が鳴り、係員が持つ金属探知機が奏でる気の抜けたヒューヒュー音が何とも脱力感と笑いを誘ってくれる。なおこの辺りで機内持ち込み制限の掛かる化粧品などを入れるパウチの出来るビニール袋が豊富に置いてあるので、小物整理用に幾つか頂く(笑)

    6年前に来た時と殆ど変わっていないターミナルではあるが、明らかに目立っているなと思うのがノルウェーのLCCで頭角を表してきたノルウェイジャンエアシャトルであろう。6000機目のボーイング737を受領しSASと同じ737-800を主に使用した格安航空会社である。 どの程度定時運行しているかわからないが、割と乗客で賑わっている。



    初めて来た6年前は乗るフライトがキャンセルになり、約5時間後の便に変更となったため、確か150クローネの金券をSASのカウンターで貰い、サンドイッチや水など買ったらあっという間に無くなって物価の高さを実感したっけ。それにしても既に20分出発遅れってなぁ(汗)



    空港内の無料LANの電波も上手く拾ってくれないのでスマホでmixiアクセスを諦め、ぼぉ〜としていると搭乗口カウンターで面白いものを見つけた!
     

    何とそれはキックボード! それもSASロゴ入り!  まあ多分SASロゴのガムテープで装飾したんだろうけど。実際SASの男性職員がこれでターミナル内を滑走してたから立派に役立っているようだ。カゴとブレーキが付いているから汎用品だと思うけど、何かSASロゴがあるだけでお洒落に見えるから不思議だ。


    搭乗口から飛行機を見るとウィングレット付きの737-800! SASではウィングレットなしの738は何度も乗っているが、これは初めて乗るタイプである。機首よりのロゴを見ると旗がノルウェー国旗のみになっているのでSAS NORGE所属の機体と思われる。結局予定より搭乗開始も遅れて、オスロを離陸したのは当初の予定より1時間遅れとなった。理由はこれである。



    それはデアイシングと呼ばれる作業で、翼や胴体に付いた雪を専用の薬品で溶かす作業が生じるため、往々して冬の北欧ではフライトが遅れるのである。お陰で過去に危うく接続便に乗り遅れそうになった経験がある。そのため北欧での接続便をあまりタイトなスケジュールで設定するのは危険である。

    ここまで遅れると機内で何か食べておかないとお腹が空くので、結構高いけど75ノルウェークローネ(約1200円)払ってビールと小さなピザがセットになったものを注文する。支払いはクレジットカードで問題なく済む。撮影するのを忘れたが、わりとイケる味であった。ビールは再びカールスバーグである(笑)

    ところどころ揺れるけどフライトは極めて順調。隣のおばさん連中はお友達と談話中で結構うるさい(汗)結局どこの国も変わらんって事か・・ 。オーロラでも出てくるかとずっと窓を凝視しているが全然見えない。ところどころ街の明かりが見えるとホッとするのは何故だろう。


    結局予定より1時間遅れでトロムソ空港へ到着する。窓を見ていると街の明かりの様子も遠目に見える特徴的なアーチ状の連絡橋も変わっていない。このフライトは最終目的地が更に北にある町アルタへ飛ぶんだとか。
     
    今回も一番空港から近いホテルであるスカンディックトロムソへタクシーで行くが、遠回りさせられたらしく約3キロ程度なのに1800円近く取られるのが痛い!まあベンツCクラスのCDIに乗せてもらえたからまだマシかなぁ。


    下記のバスもあるんだが、あっけなく運転手にはスカンディックは止まらないよと言われるのが辛いところ orz... どうせ通り道なんだから止まってくれたらええのにねぇ。



    さぁMattariは4度目のオーロラは見れたのか?次回をお楽しみに。





    良かったらポチッと押して戴けると嬉しいです! にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ

    スポンサーサイト

    • 2014.11.30 Sunday
    • 00:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      無料でもよく当たるかも?

      9月7日よりピーチを意識したカウンター設置(笑)

      ブログパーツUL5

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM