スポンサーサイト

  • 2014.11.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    SASとANAで行く北欧オーロラ紀行第八話・霧のオスロへ飛べっ!

    • 2012.05.04 Friday
    • 22:50
    ここ数日アクセスが戻ってきてありがたいです! 不思議と前に書いたものが久々に注目記事に入ったりと驚きました。そろそろ北欧オーロラ紀行を再開したいと思いますので、宜しくお付き合い下さいませ。ではどうぞ。。。

    ●搭乗日/【4日目】2011年4月2日(土)
    ●便名/SAS4032便
    ●定刻/スタンバンゲル16:15発⇒オスロ17:05着
    ●スポットアウト14:34・離陸/14:42
    ●着陸/15:21・スポットイン15:24
    ●飛行時間/39分
    ●機種・レジナンバー/B737-800/LN-RRT
    *スポットアウトからスポットインまでグリニッジ標準時で表示。


    ダイバートした便が到着して、約4時間半後にやっとこの空港から脱出することが出来た。大半の乗客はこのフライトで飛んで各地へ向かうからか、機内はほぼ満席である。搭乗機種はB737-800でSASでは欧州内路線の中核的な機材。他に-600、-700と胴体の長さが異なる機種を揃え予約状況へ応じた運航に応えられる点は、かつての主力機種MD-80シリーズやDC-9シリーズで胴体の長さが異なる機体を数多く飛ばしていた時代に比べて効率よくなったのは間違いないだろう。


    搭乗前の積み込み荷物カートに自分の青いカバンを見つけた。そういえば昔ブリュッセルの空港で
    自分が搭乗した飛行機の窓から見ているとべルトローダーから自分のカバンが出てくるのが見えて大笑いした事もあったっけ。私のはゴツいスーツケースじゃないから一番上に置いてある気遣いもさすがですな。


    機内には見慣れた乗客も多く、何だか共に戦った戦友のように感じてしまう。少し遅れ気味だったからか、あっという間にドアクローズし、地中海かグランカナリアかわからないが、バカンス地行きのチャーター便たちに混ざりながらも、一気に離陸し、白い雲へ包まれていく。一生忘れる事のないスタンバンゲル空港よ〜さよなら。

    無料のコーヒーを貰い、一息つく。この4時間半あまりの間、少し食べたチョコバーを除けば、殆ど口にしていない事に気づき、いかにパニックだった自分に気づく。 その後疲労感が襲ってきて、束の間の眠りに入っていた。 気がつくと既に着陸態勢に入っており、RWY19Rへ向かっている。 オスロはあたり一面霧で真っ白だったが、カテゴリー3レベルだけに今度は着陸出来たようで軽い着陸時のショックと同時にやっとオスロへ戻れた安堵感が自分を包み込んでいくのがわかった。

    さぁ、再びオスロのSASでオスロ〜フランクフルト間のチケットをアップグレード交渉せねば!



    良かったらポチッと押して戴けると嬉しいです! にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ

    スポンサーサイト

    • 2014.11.30 Sunday
    • 22:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      無料でもよく当たるかも?

      9月7日よりピーチを意識したカウンター設置(笑)

      ブログパーツUL5

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM