スポンサーサイト

  • 2014.11.30 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    SASとANAで行く北欧オーロラ紀行第二話 NRT〜CPH

    • 2012.04.15 Sunday
    • 02:30
    近況報告ですが、休暇申請が通れば5月8日ピーチ国際線第一便である関空〜ソウル線初便に乗れそうなので、是非記事にしたいです。これでピーチ初便は4便目(爆) 帰りは恐らくイースタージェットになるかも(笑)。では第8便目のSASとANAで行く北欧オーロラ紀行第二話 NRT〜CPHをお送りします。


    コペンハーゲン・カストラップ国際空港到着時撮影。


    ●搭乗日/【2日目】2011年3月31日(木)
    ●便名/SAS984便
    ●定刻/成田11:40発⇒コペンハーゲン16:05着
    ●スポットアウト02:43・離陸/02:58
    ●着陸/14:07・スポットイン14:13
    ●飛行時間/11時間09分
    ●機種・レジナンバー/A340-300/LN-RKF 
    *スポットアウトからスポットインまでグリニッジ標準時で表示。 


    成田駅から京成で成田空港へ。 高校時代に良く通った滑走路端の撮影ポイントが車窓からみえると 懐かしさを感じる。暑い夏になると、よくまあ朝から夕方まで粘って撮影してたもんだと思う。トンネルに吸い込まれるとすぐ第二ターミナル駅そして終着駅へ・・・ 


    全日空ハンドリングのカウンターでチェックインを済ませる。 欧州系フライトが軒並み旅程変更を強いられている関係で 当日トロムソまで乗継で飛べるか心配だったが、結局予定どおり飛ぶとわかって一安心!

    初め2Aで予約を入れていたが一番前方の1Aが取れるというので変えて貰う。今日の乗客数を聞くとC11名、EY11名、Y199名とエコノミークラスが満席。ビジネスクラスとエコノミーエクストラは余裕があり、ビジネスクラス後方はクルーレストと化していたほど。目的地トロムソまで一枚の搭乗券で済むらしく、3便分が記載されると何とも遠いところへ行くんだなと実感出来る。今の搭乗券は機械を
    通すのではなく、バーコードを読み込むからそんな事が出来るようだ

     
    ラウンジは2011年4月当時の記録として読んでほしいが、その当時は震災の影響で、一番広い4階のANAラウンジが閉鎖していて、第4サテライト先端42番ゲートから2階へ降りるANAラウンジのみが営業中で他にUAレッドカーペットクラブが使えた。




    結局そのANAラウンジまで歩き、滅多に飲めない山崎をスパークリングウォーターで割った贅沢なハイボールで喉を潤してまったりする(笑)贅沢だなぁとこういう瞬間感じる。。
     


    ラウンジ入口にはANAの次期戦略航空機!である787のスタアラモデルが!こういうのってパックミンさんが作るんかなぁ。こういうモデルって置き場に困るくせに、欲しいなと思うから困る(笑)


    そしてUAレッドカーペットクラブであります。ここも成田ではお初ですから遠慮なく入れてもらいますぞ。それにしてもこのANAのグラホめっちゃ慌てて客探してたなぁ。。(汗)



    半ばホテルのラウンジかと思うほど広い、開放感はさすがアメリカ系。その辺のしょぼいラウンジとは
    わけが違うほど、立派だなと思わせる。中国を意識した置物が何ともアメリカ人好みかねぇ。。



    UAレッドカーペットクラブでは、軽食類も充実しており、奥に黄色い瓶の博多むぎ焼酎天盃があったのでトニックウォーターで割って梯子する。赤いラベルは大山の日本酒だったかな。。


    更にUAラウンジには何故か枝豆もあったのでそれも貰う。 これも珍しいなぁと思う。ホント。。
    ラウンジそれぞれいい感じなのだが、UAの方がまだ自社便も少ない時間帯だけにヒトも少なくてより広い印象があるかな。。


    気がつくと搭乗時間の11時間近。急いでバス移動ゲートの59Aへ移動しランプバスで貨物地区の211番スポットへ移動。バス移動は面倒くさいけど、空港内の飛行機を眺めることが出来るから楽しいものである。 フェデックスのB777の横に止まった青い尾翼が見えてくる


    オープンスポットでちょっと撮影してからL1ドアサイドのタラップから登ると北欧の新聞に混じって日経など日本の新聞もあるので貰い、入ってすぐ前がオイラの今日の座席1Aである。

    どうです! この北欧家具のようなデザインの良さ。基本的には他社と同じようなライフラット仕様だけどもSASのこだわりが入るとこんなにハイセンスなのはさすがである。


    ウェルカムシャンパンがあったようだけど、結局スルーされたのがちょっと残念。ドアクローズされるとすぐプッシュバックされて離陸に約15分ほど掛かり、RWY34Lから一路新潟方面へ。



    機内では、ヘッドホンとアメニティキット、スリッパを配っておりヘッドホンはドイツ製ゼンハイザーのノイズキャンセリングホン。アメニティキットは環境に配慮したお洒落な内容でスリッパは青いタオル地のものでホテル滞在中に重宝しました。



    飛行ルートは主にはハバロフスク北から入り、ノリリスクを超えてフィンランド上空を越えるとストックホルムからコペンハーゲンへ。


    テレビモニターの映画は幾つか日本語訳のもあったが王様のスピーチは日本語訳なし。ゲームは主にテトリスをピコピコやっていました。他にも上海など色々なゲームがある。


    トイレは何と窓ガラス付きで明るい!JALファーストクラス用やエティハッドなどごく少数の航空会社しか聞いた事が無いから驚く。アメニティやタオルも充実していてお花も生けられているのがいい感じ。 何故かソーイングセットも入っていたのが面白い。



    これは日本の航空会社も思いつかないと思う!おむつ交換台を開くと赤ちゃんが喜びそうな子供向けの絵が描いてあるのもいいアイデアだなと思った。


    なかなか可愛いでしょ?

    日本人クルーは斉藤さんとハタキさんの二名でコペンハーゲン在住とのこと。でも外国人にとってはちょっと暮らしにくい街らしくロンドンとかパリみたいに日本人向けの店は少ないとか。


    まだ眠くないけど、消灯になったのでフルフラットまではいかないけども極端に斜めではないベッドモードで眠ってみる。変にずり落ちる感じもなく、羽根布団みたいなブランケットもいい感じである。 モニターの地図を見ると既にロシアの大半を越えている。


    窓には小さな氷の結晶が張り付き、寒さを物語る。それにしても北欧の航空会社ってどうしてこんなにデザインに優れ、シンプルなのにとても目立つのか不思議である。


    何とも楽しい時間ってあっという間に過ぎていくものである。コペンハーゲン空港は約11年前に乗り継ぎで行って以来だが海辺に掛かる大きな橋が見えてくるともう着陸態勢である。 コペンハーゲン空港で乗り継ぐ日本人客も割と多いのか日本語表記に誘導されて、再び金属探知機でチェックを受ける。さぁオスロ行きに乗るぞ! 次の記事はこのSAS984便の機内食を紹介したいと思います。こうご期待下さいませ!!



    良かったらポチッと押して戴けると嬉しいです! にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ

    スポンサーサイト

    • 2014.11.30 Sunday
    • 02:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      貨物エリアに旅客機が駐機するんですね。
      初めて知りました。
      • B777
      • 2012/04/16 2:07 PM
      ◆B777さん
      結構時間帯によっては貨物便が減るので
      貨物機が多いスポットに旅客機が
      入る事は多いですよ。

      私も過去成田でKLMとエアインディアの
      二度ほど似たようなスポットから
      出発した事ありましたな。
      • Mattari
      • 2012/04/16 7:13 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      無料でもよく当たるかも?

      9月7日よりピーチを意識したカウンター設置(笑)

      ブログパーツUL5

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM